シミに効く食べ物

シミに効く食べ物

シミに効く食べ物

シミに効く,食べ物

 

できてしまったシミだけでなく、シミをつくりにくくするのに食事の見直しは欠かせません。

 

毎日の食生活そのものがシミに効くようにすれば 一石二鳥とも言えますね。

 

具体的にシミに効く食べ物には どのようなものがあるのでしょうか?

 

シミに効く食べ物の代表選手といえば ビタミンCを含むお野菜やフルーツです。

 

フルーツではイチゴやグレープフルーツやレモンが有名ですね。

 

お野菜ではブロッコリやピーマンなどが有名ですが、実はジャガイモやレンコンなどにもビタミンCが多く含まれています。

 

ビタミンCは調理の際に水洗いや加熱などで壊れてしまいがちな成分ですが、ジャガイモやレンコンなどは加熱してもビタミンCが残りやすい食べ物でもあります。

 

ですので このような食材を上手に組み合わせてシミに効く成分であるビタミンCを補給してゆきましょう。

 

また、ビタミンEは抗酸化作用があることで知られています。

 

抗酸化、というのは 体が酸化するのを防ぐ作用という意味です。

 

私たちの体は日々酸化、つまり老化しています。

 

老化によりシミができやすいいお肌になってしまうのです。

 

ですのでビタミンEを食べ物からしっかり摂取してゆきましょう。

 

ビタミンEを多く含む食べ物にはカボチャやアボガドなどが知られています。

 

特にカボチャは 同じく抗酸化作用のあるビタミンA、そしてビタミンCも多く含んでいます。

 

是非ともカボチャをレパートリーに入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

手軽に取れるその他の食材としては、納豆にはビタミンEやカルシウム、イソフラボンなどが含まれています。

 

また、海苔にはビタミンAやビタミンCや鉄分など栄養素が豊富なことで知られます。

 

こういった食べ物を常備して シミ対策に役立てるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、毎日 ビタミンCを一定量食事から摂り続けるのは大変ですよね。

 

シミに効く飲み薬にはビタミンCが配合されているものがほとんど。

 

上手に活用してみることをおすすめします。

 

 

シミを増やすソラレンにご用心

 

シミに効く,食べ物

 

シミに効く食べ物としてビタミンC豊富のレモンやグレープフルーツですが、これらのかんきつ類にはソラレンという物質が含まれています。

 

このソラレンは何かというと、紫外線を集めて吸収しやすくする働きがあるのです。

 

せっかくシミに対抗しても 紫外線を吸収しやすい成分を摂ってしまってはマイナスになってしまいますよね。

 

では柑橘類は食べないほうが良いのか、というと 夜に食べるぶんには問題がありません。

 

というのは ソラレンは体内に入ると 6時間程度効力が続くと言われています。

 

ですので 紫外線の影響がほとんどない夜に食べる分には大丈夫なのです。

 

グレープフルーツを朝に食べる習慣があるという方は、夜に食べるようにしましょう。

 

また、昔の美容法で レモンの輪切りをパック代わりに使うという方法がありましたが、お肌にシミをつくりやすくしてしまいますのでやめましょう。

 

詳細は シミを増やすレモンやきゅうりパック もご参照下さい。