睡眠とシミとの関係

睡眠とシミとの関係

睡眠とシミとの関係

シミ,睡眠

 

紫外線対策を万全にしているつもりでも シミができやすいという方は、毎日の生活習慣からシミができやすいお肌になっている可能性があります。

 

生活習慣と一口に言っても 食習慣からタバコなどのし好品の影響まで様々ですが、ここでは睡眠とシミとの関係についてご紹介しましょう。

 

睡眠とシミ、一見関係無いようですが 睡眠不足がつづくとシミができやすい肌環境になりやすいのです。

 

体にとって睡眠不足は大きなマイナス。

 

寝不足だと翌日キツい、というだけではありません。

 

睡眠中には お肌の代謝に欠かせない成長ホルモンが分泌されます。

 

十分な睡眠時間が得られないと この成長ホルモンに影響を与えてしまいます。

 

その結果として肌代謝サイクルが乱れやすくなるのです。

 

私たちのお肌は代謝サイクルが滞ると メラニン色素がお肌に残りやすくなります。

 

ですので シミができやすい、消えないということになりやすいのです。

 

 

健康的なお肌づくりのためにも しっかり眠る努力を

 

この成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は 夜11時頃からの3時間程度と言われています。

 

この時間帯までに 毎日確実にベッドに入れるという方ばかりではないでしょう。

 

帰宅がいつも夜9時以降の方なら、食事や入浴などをして すぐに就寝ということになり、あまり現実的な就寝スケジュールとは言えませんね。

 

その時間を過ぎてからやっと帰宅できる、という方もいるでしょう。

 

ベッドに入るのが夜12時以降になっても しっかり眠って体を休めるようにすることが重要です。

 

まずは 睡眠時間の見直し、いつもより10分でも早くベッドに入ることを心がけるようにしましょう。

 

シミ,睡眠

 

ちょうど良い睡眠時間は個人差がありますが、最低でも6時間は取るようにしたいもの。

 

ついつい寝るのが遅くなるという方も、テレビをダラダラとみてしまったり スマホのチェックに時間を取られたりしていませんか?

 

思い当たる方は 遅くなった夜はテレビは見ない、スマホはベッドに持ち込まないなどして工夫しましょう。

 

 

また、睡眠不足は体にとってストレス。

 

ストレスは自律神経に影響を与えます。

 

自律神経は 血流などのコントロールをしていますので、睡眠不足が血色の悪いお肌にしていることもあります。

 

そしてめぐりが悪くなると健康的なお肌に欠かせない栄養素がお肌のすみずみにまで運ばれにくくなります。

 

せっかく美白成分を食事やお薬から取り入れても 思ったような効果が実感しにくい、ということにもなりかねません。

 

 

たかが睡眠、されど睡眠です。

 

シミを解消したい、という方は 徹底して睡眠時間を見直しましょう。