シミに効くスキンケア

シミに効くスキンケア

シミに効くスキンケア

シミ対策には 飲み薬を活用したお肌の内側からのケアが効果的ですが、それにプラスして毎日のスキンケアでちょっとした工夫も心がけたいものですね。

 

シミができやすいお肌は、さまざまなトラブルをかかえがち。

 

例えばお肌の内側が乾燥してしまうと、インナードライ状態になり その結果お肌の代謝が滞り、シミができやすくなります。

 

ですので 皮脂を摂りすぎない洗顔を心がけること、保湿をしっかり行うことも シミ対策には重要です。

 

この時、化粧水や美容液などを 美白成分入りのものにすることで、毎日のお手入れの際に美白ケアも同時に行うことができます。

 

特に 強い美白作用で知られるハイドロキノンなどの美白成分配合のシミ用クリームも併用することで、スポット単位でのシミ対策もできます。

 

つまり 飲み薬と美白スキンケア製品を活用することで お肌の内側と外側からの両方のケアができるようになるのです。

 

 

毎日のスキンケアでシミの予防対策も

 

シミ,効く,スキンケア

 

また、毎日のスキンケアでシミができにくいお肌、つまり予防対策をしてゆくことも重要です。

 

予防、といってもさほど手間はかかりません。

 

肌代謝がスムーズにゆくように保湿をしっかり心がけることもシミ予防に効果的です。

 

この時に 美白成分入りの化粧水や美容液などを使うことで できてしまったシミ対策だけでなく、予防にもなります。

 

美白成分には、できてしまったシミを無色化するだけでなく、シミのもととなるメラニン色素ができにくくなるよう抑制する働きをするものもあります。

 

そのような美白成分が配合されたスキンケア製品を通年使うことで スキンケアしながらシミ予防対策もできるのです。

 

 

日焼け止めで紫外線ケアも

 

シミ,効く,スキンケア

 

そして シミの原因となる紫外線をお肌にあてないように日焼け止めなどでしっかりブロックしましょう。

 

日焼け止めをしっかり塗っているけれども シミができてしまう、ということがあります。

 

これは 日焼け止めを塗る際に 塗りムラができてたり、日焼け止めをこまめに塗り直さないなどが原因です。

 

2度や3度に分けて塗り重ねる、持ち歩いて数時間置きに塗り直すなどして紫外線対策をしましょう。

 

日焼け止めの塗り直しが難しい方は、UVカット機能のついたファンデーションを使うようにしましょう。

 

メイク直しをするたびに 日焼け止め効果が持続してゆきます。

 

日傘や帽子、手袋などのUVケアグッズも活用してしっかりお肌をガードしましょう。

 

 

肌摩擦をしないよう注意も

 

シミ,効く,スキンケア

 

シミに効く飲み薬や美白成分配合のスキンケア製品を活用、日焼け止めで紫外線をシャットアウト。

 

これだけすれば シミ対策は万全かと思いきや、実はお肌のお手入れ時に うっかりシミを作ってしまうこともあります。

 

それは、肌摩擦。

 

洗顔後にタオルでお肌をゴシゴシとこするように拭いたり、美容液やクリームをお肌にすりこむように付けたりすることが刺激になり、シミができやすくなるのです。

 

化粧水や美容液などは 手の甲でやさしくお肌をつつむようにつけましょう。

 

叩き込むようにつけるという方法も刺激となりますので、やめましょう。

 

また、メイクの際に ブラシをお肌にたてて使うとチクチクと刺激になり、シミができやすくなります。

 

思い当たるところがある方は いますぐお手入れ方法を改善しましょう。