産後のシミ

産後のシミ

産後にシミは増えやすい?

産後,シミ

 

出産をきっかけにシミが増えてしまう、ということがあります。

 

シミを増やさないように注意していた、産休中は 家で過ごすことが多かった、という方でも シミが増えてしまいやすいのです。

 

これには理由があります。

 

まずは妊娠・出産は女性のホルモンバランスが急激に変化する時期。

 

このホルモンバランスの変化により、肝斑ができやすくなります。

 

肝斑というのは、薄く広範囲に広がるシミ状のもの。

 

頬などに左右対称に出ることもあれば おでこなどに出ることもあります。

 

出来るととても気になりますが、産後しばらくして ホルモンバランスが落ち着いてくると気にならなくなってゆきます。

 

 

そしてもう一つの理由が、紫外線によるシミができやすい肌環境になりがち、という点です。

 

出産後は 授乳などで赤ちゃんにかかりきり、ご自分のスキンケアまで手がまわらないわ!という方がほとんどでしょう。

 

そのため お肌は保湿不足になりがち。

 

さらに、ホルモンバランスの変化の影響でお肌が乾燥しやすくなります。

 

つまり、お肌が乾燥しきってしまいやすいのです。

 

 

そういった状況でも 洗濯物を干したりといったわずかな時間 ベランダに出ることもあるでしょう。

 

また、窓のガラスを通して紫外線を浴びているということもあります。

 

そのような時をとらえて 紫外線がお肌にメラニン色素を作ってしまっているのです。

 

ですので、産後にシミを増やしたくない、という方は まずは化粧水だけのケアでいいのでたっぷり保湿を心がけること、そして可能でしたら日焼け止め効果のあるジェルや乳液などもつけておくようにしましょう。

 

 

すっぴんに慣れてしまいシミができやすくなる?

 

産後,シミ

 

赤ちゃんを連れて散歩や外出をするようになったら ここでも注意が必要です。

 

メイクをしっかりする習慣があったという方でも、出産で自宅にいる時間が増えるとスッピンに慣れっこになりがち。

 

久々にちょっと外出、という場合などに 日焼け止めを少ししか付けなかったり、手抜きメイクになってしまったりして シミができやすくなるのです。

 

UVカットファンデーションは使いたいけれども、子どものことを考えると添加物などが心配で、、、というママも多いでしょう。

 

最近では 植物由来の成分だけで作られたファンデーションや 無添加のファンデーションでUVカット機能のあるものも増えています。

 

このようなものを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

紫外線によるシミは肝斑とは違い、そのままにしておくと残りやすくなります。

 

出産を機にシミが増えてしまった!という方は 飲み薬でお肌の内側からしっかりケアすることからはじめてみませんか?

 

 

産後に急にソバカスができたという方もいます。

 

そばかすは遺伝性の強いもので、10代後半までに出始める方がほとんど。

 

いままでソバカスができたことがないのに、産後にそばかすが急に出てきた、という方は それは細かいシミができている状態です。

 

シミの飲み薬や、美白クリームなどでケアしてゆきましょう。