シミの飲み薬と塗り薬

シミの飲み薬と塗り薬

シミの飲み薬と塗り薬、上手に両方活用しよう

シミ,塗り薬,飲み薬

 

シミには飲み薬でお肌の内側からのケアをするだけでなく、さらにお肌の外側からのケアも効果的です。

 

皮膚科でのシミの治療では 飲み薬だけでなく塗り薬も処方されることが多くなっています。

 

ですので 飲み薬に加えて塗り薬でのケアも加えることで、より効果的なシミのケアが期待できるのです。

 

では、どのような塗り薬がおすすめなのでしょうか。

 

最近では様々な美白成分入りのシミ用の美白クリームが市販されています。

 

中には、皮膚科で処方されるシミ用の塗り薬と同じ有効成分が配合されているものもあり、人気になっています。

 

 

シミの塗り薬は美白成分に注目!

 

シミ,塗り薬,飲み薬

 

シミの塗り薬に配合されている主な美白有効成分をご紹介しましょう。

 

 

・ビタミンC誘導体

 

ビタミンCをお肌に浸透しやすくしたもので、シミだけでなく美肌全般のケアでもおなじみの成分。

 

メラニン色素を還元するだけでなく、新たにできるのを防ぐ、肌代謝をサポートしてシミを排出する効果などで知られます。

 

 

・アルブチン

 

植物のコケモモ由来の成分で 長く使われてきた歴史があり、安全性が高いことでも知られています。

 

ハイドロキノンと似た構造ですが、安全性が高く、またメラニン色素ができないよう抑制する作用もあります。

 

 

・ハイドロキノン

 

作用が強いため効果が実感しやすいだけでなく、刺激になりやすいという側面を持つ美白成分。

 

日本では2001年から市販の美白クリームにも配合されるようになりました。

 

 

 

シミに効く塗り薬の配合されている美白成分には、

 

1. できてしまったシミへの還元作用

 

2. シミができにくくなるよう予防

 

このうち 1の働きが強い成分のもあれば、1と2の シミの無色化と予防の両方のケアがしやすい成分などがあり、 その働きもさまざまとなっています。

 

 

シミの状態に応じて 美白成分をよく選んで使い分けるようにしましょう。

 

また、ハイドロキノンなど一部の美白成分は 作用が強いため刺激になりやすいことでも知られています。

 

少量を試してみて お肌に赤みやかゆみなどがでないかよく確認してから使うようにしましょう。

 

 

シミの塗り薬は予防にも活用

 

シミの塗り薬というと できてしまったシミをケアしたらそれで役割が終了か、というと そうではありません。

 

ビタミンC誘導体や アルブチンなどのメラニン色素ができるのを抑制する働きのある美白成分入りの塗り薬を使い続けることでシミの予防にもなります。

 

こういった点は シミに効く飲み薬も同じ働きがありますね。

 

飲み薬と塗り薬を続けることで、できてしまったシミだけでなく、これれから出来るシミへの予防効果が期待できますので 上手に活用してみることをおすすめします。