更年期のシミ

更年期のシミ

更年期のシミ

更年期,シミ

 

更年期は女性にとって様々な不快な症状が出やすい時期。

 

ささいなことでイライラしやすくなったり、急に大量の汗をかくといった更年期の代表的な症状もあれば 疲れやすくなる、不眠の症状が出るなどで 日常生活にも支障が出やすくなる時期です。

 

この更年期は急激にシミが増えやすい時期でもあります。

 

その要因としては2つあります。

 

一つは、更年期は女性ホルモンが急に減少する時期。

 

ですので女性ホルモンバランスの影響でできる肝斑ができやすくなります。

 

肝斑は 大きな薄いシミ状のもので 一般的には両頬などに左右対称で出ます。

 

ですが、左右対称に出るとは限らず、素人判断では難しいこともあります。

 

そんな肝斑ですが 一般的にはトラネキサム酸という成分配合の飲み薬が効果的とされています。

 

この肝斑用の飲み薬は市販もされています。

 

また、肝斑には ハイドロキノンなどの美白成分入りのクリームでのケアも効果的です。

 

肝斑について詳しくはコチラもご参照ください。

 

更年期のお肌は 肝斑だけでなくシミも両方あるという方が多くなっています。

 

また、更年期に出る肝斑は閉経後しばらくすると 気にならなくなってゆくという場合も多いのです。

 

ですがシミはずっと残りがち。

 

ですのでバランスよくケアするようにしましょう。

 

 

シミができやすくなる更年期

 

更年期,シミ

 

更年期は一般的に肝斑ができやすくなることで有名ですが、実はシミもぐっとできやすくなる時期でもあります。

 

更年期は女性ホルモンが急激に減少するため、肌が乾燥しやすくなります。

 

肌乾燥により 今までよりも紫外線によるメラニン色素ができやすくなるだけでなく、お肌のターンオーバーも乱れやすくなります。

 

その結果、シミがポツポツと沢山できやすくなるのです。

 

更年期には 疲れやすかったり何をするにもおっくうになるなど 体力面やメンタル面でマイナスになりがち。

 

そういう時期ですので トシだから仕方がない、とあまり積極的にケアをしなくなってしまうこともあります。

 

ですが、しっかりとお肌の乾燥対策をして シミの飲み薬などを使ってケアを続けるようにしましょう。

 

また、シミが前よりもできやすい肌環境になりますので 紫外線対策を以前よりも徹底させるようにしましょう。