シミと遺伝との関係

シミと遺伝との関係

シミと遺伝との関係

シミ,遺伝

 

そばかすができやすいお肌は 遺伝的な要素が強いと言われています。

 

ではシミはどうでしょうか?

 

遺伝でシミができやすくなる、ということはあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、シミはそばかすのように遺伝性が強い、とは言い切れないものがあります。

 

ですが、シミは遺伝とは全く無関係でもありません。

 

詳しくご説明しましょう。

 

 

シミができやすいお肌について

 

シミ,遺伝

 

同じ条件で うっかり日焼けをしてしまった場合 赤くなる人もいれば、すぐに黒くなる人もいます。

 

こういった違いは 持って生まれた肌質に左右されるものが大きいのです。

 

特に 日焼けをすると赤くなる人というのは生まれつき色白の方が多くなっています。

 

また、日焼けで赤くなり その後すぐに色がもとにもどる方もいれば 黒くなってしまう方もいます。

 

こういった差は やはり遺伝的な要素が強いと考えらえます。

 

ですので、シミがある程度できやすいかどうか、というのは 遺伝的な要素が関係していると考えられるのですね。

 

 

シミは食生活やUV対策で予防するのが第一

 

シミ,遺伝

 

とはいえ、シミは食生活や日常生活、そして紫外線対策のほうが よほどお肌への影響が大きいのです。

 

紫外線対策は 日焼け止めや日傘、サングラスなどといったUV対策グッズをしっかり活用することが重要になります。

 

やりがちなのが、ベランダで洗濯物を干す際に うっかりすっぴんで出てしまったり、曇りの日だからということでUVグッズを使わずに外出してしまうということ。

 

ほんの数分の紫外線でも お肌にはしっかりと記憶されてしまいますし、曇りの日でも 晴れの日の6割程度の紫外線が出ていると言われていますので しっかり対策するようにしましょう。

 

また、シミができにくいお肌づくりには まずは健康的なお肌を目指すことが大事です。

 

そのためには お野菜中心でバランスのとれた食事を心がけるようにしたいもの。

 

ファストフードを食べる機会が多い、スナック菓子などを食事替わりにしているという方は要注意!

 

意識的にサラダやお野菜の総菜を食べるようにしましょう。

 

食生活の好みは 家庭家庭でそれぞれ異なりますね。

 

そういう意味では 偏った食事をしがちで それが原因で肌荒れやシミができやすくなっている方は 遺伝的な要素があると言えるかもしれません。

 

ですが、食生活は自分で替えることができます。

 

また、寝不足などのストレスが 自律神経を乱し、シミができやすいお肌にしてしまうと言われています。

 

ですので 夜更かししないように気を付けることも大事です。

 

寝るのが遅いのは 昔からなので関係ないわ!と思うかもしれませんが、長年のツケが今になってお肌に影響を与えているのです。

 

今すぐ見直して シミの目立ちにくいお肌づくりを目指しましょう。