日焼けをしてしまった際のケア

日焼けをしてしまった際のケア

日焼けをしてしまった際のケア

日焼け,ケア

 

海や山で過ごす際に日焼け止めで対策したのに うっかり日焼けをしてしまった、という場合があります。

 

こういった際にできるケアにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

気を付けていたのに お肌がほてる、翌日になってもお肌がうっすらと赤くなり気になる、というような状態の時は まずは冷やすことが重要です。

 

その上で 刺激の少ない化粧水で保湿をするようにしましょう。

 

この際にシミに効く飲み薬は是非活用したいもの。

 

というのも、お薬に含まれるビタミンCが 日焼けでダメージを受けたお肌のリカバリーのためにも必要な成分のためです。

 

すぐにでも美白クリームを塗ってすぐにケアをしたいかもしれませんが、肌に熱がある場合や赤みがひかない間は使用を避けましょう。

 

お肌が落ち着いて来たら 刺激になりにくい美白成分が配合された化粧水や美容液などでケアするようにしましょう。

 

 

日焼け後のお肌は かゆみなどが出る場合がありますが、かきむしったりしないようにしましょう。

 

また、日焼けした箇所を再び紫外線にあてないように UVカット衣類で覆うなどしましょう。

 

 

 

まずは日焼けしない努力を

 

日焼け,ケア

 

日焼けは シミの原因になるだけでなく、お肌を傷めてしまい、肌老化を加速させてしまいます。

 

そのため 日焼けをしてしまってからのケアよりも、いかに日焼けをくいとめるかというケアが必要になります。

 

水着で過ごす際には 日焼け止めをこまめに塗り直す、さらにはお肌をできるだけ紫外線にさらさないようにパラソルやラッシュガードなどを活用するようにしたいものです。

 

 

うっかり日焼けで多いのが、ついうたたねをしてしまい、その間に焼けてしまうということ。

 

遊び疲れてしまい ふと寝込んでしまった・・・その間にさんさんと紫外線を浴びてしまうのです。

 

これを防止するにはパラソルの下に体が入るようにするだけでなく、バスタオルなどを使って体をガードして過ごすなどの工夫が必要です。

 

そして日焼けとは別になりますが、目から紫外線が多く入ることで お肌はメラニン色素を作り出すという仕組みもあります。

 

ですので、サングラスで目を保護するようにしましょう。

 

また、ビタミンCは、日焼けをする前から飲んでおくほうがより効果的ですので、海や山へ出かける予定がある場合は事前にシミに効く飲み薬を上手に活用しましょう。

 

また、お肌の回復には 十分な休養時間が必要ですので 日焼けをしてしまったら、睡眠時間を多くとるようにすることも大事です。

 

 

うっかり日焼けをしてしまい、お肌が赤く腫れあがっている、水疱ができてしまったという場合は まずは冷やすこと、そして皮膚科のお医者様にかかるようにしましょう。

 

重度の日焼けの場合には、ステロイド系のお薬が必要な場合もあります。

 

まずは専門家の診察を受けるようにしましょう。