皮膚科で処方されるシミの薬

皮膚科で処方されるシミの薬

皮膚科で処方されるシミの薬

皮膚科,シミ,薬

 

しみが気になったら、市販されているお薬やスキンケア製品でケアをする方法だけでなく、病院にかかるという方法もあります。

 

シミで病院に?と驚く方もいるかもしれませんが、美容クリニックだけでなく普通の皮膚科でもしみの診療を行っていることろがあります。

 

相談する病院によってシミ治療の方法はさまざまですが、レーザー治療に力を入れている美容外科でなければ お薬を処方されるという場合が多くなっています。

 

そのお薬ですが、飲み薬と塗り薬の両方が処方されるケースが多くなっています。

 

というのも、シミにはお肌の内側と外側からの両方のケアが必要なためです。

 

皮膚科で処方される飲み薬の主成分は ビタミンCのものが中心です。

 

ビタミンCには シミのもととなるメラニン色素を無色化させたり、メラニン色素ができないよう抑制する働きがあります。

 

また、お肌の代謝、つまりターンオーバーをサポートする働きもあります。

 

飲み薬では そのビタミンCをお肌の内側から補給することができます。

 

 

皮膚科のシミの処方薬は原則自費治療

 

皮膚科,シミ,薬

 

このとき気をつけたいのが しみの診察や治療は原則、自由診療となることです。

 

つまり保険が効かないということです。

 

初診料や診察料、そして処方されるお薬も すべて自費になります。

 

お薬の処方だけでも 高額になることが多いため、事前に費用がどれくらいかかるのか、といった点を問い合わせてから受診するようにしましょう。

 

また、美容に力を入れている皮膚科クリニックの場合、機材などを使ったシミや美肌ケアなども合わせてすすめられることがあります。

 

こちらも自由診療となりますので 提案された場合は費用や回数などについてよく確認するようにしましょう。

 

最近では シミに効果のある飲み薬が 市販されるようになっています。

 

成分も 皮膚科で処方されるシミの飲み薬と同じビタミンCが主成分。

 

効果が認められた医薬品として発売されていますので 安心してしみケアができると話題になっています。

 

市販薬でしたら 診察料や処方箋代などはかかりません。

 

また、人気のあるシミの飲み薬は 割引制度などがあり 買いやすいものが多くなっています。

 

皮膚科でのシミの薬に興味がある方は、このような市販薬を試してみることをおすすめします。