20代からのシミ対策

20代からのシミ対策

20代からはじめたいシミ対策

シミ,対策,20代

 

紫外線の影響でできるシミは正式名称を老人性色素班と呼ばれています。

 

20代の方にとって老人性、となると シミはまだできないもの、という印象が強いかもしれません。

 

ですが、実はしみは20代のお肌にもできます。

 

20代は まだシミ対策は早いのでは?と思っている方も、早すぎることはありません。

 

 

20代からシミができる理由

 

10代の頃は うっかり日焼け止めを塗り忘れて外出しても シミにはならなかった、という方も 20代半ばを超えると急にシミができやすくなってゆきます。

 

ここで慌てる方も多いのですが、この差は何でしょうか?

 

10代のお肌は 肌代謝も活発。

 

メラニン色素がうっすらと出来てもお肌のターンオーバーで目立たなくなることがほとんど。

 

ですが、20代はお肌は ピークを迎えた10代の頃に比べると徐々に老化してゆきます。

 

さらに ストレスなどでターンオーバーが乱れやすくなるなり 20代のお肌は10代の頃とは違い、シミが残って目立つようになってゆくのです。

 

 

シミは20代からの予防ケアが効果的

 

シミ,対策,20代

 

つい10代の頃の感覚で この距離ならすっぴんでも・・・ということをやってしまうと シミができて慌てることになります。

 

そしてお肌の老化を完全にストップすることはできません。

 

かといって 日中は紫外線が当たらない生活をする、というのも無理な話ですよね。

 

ですから お肌のケアを積み重ねてシミ予防をすることが必要になってゆくのです。

 

そのためにも、20代のうちから しっかりと紫外線対策をするなどの予防ケアをしましょう。

 

また、スキンケア製品も 美白成分配合でシミの予防効果の高いものを活用するようにしましょう。

 

シミに効く飲み薬は、できてしまったメラニン色素のケアだけでなく メラニン色素ができるのを抑制する働きもあります。

 

つまり、飲み続けることで シミができにくいお肌作りが目指せるのです。

 

飲み始めるのに 早すぎる、ということはありません。

 

また、シミの飲み薬は第三類医薬品で 体への副作用などの心配がほとんどありません。

 

ですので20代の方でも安心して飲むことができます。

 

 

シミはできてしまってからケアするよりも予防してしまうに越したことがありません。

 

飲み薬などを上手に活用して 羨ましがられるお肌作りをしてゆきましょう。