シミに効く飲み薬

シミに効く飲み薬|市販の医薬品でシミを消す!

シミに効く飲み薬をランキング化!

 

 

シミに効く飲み薬

 

 

 

できてしまったシミ、あれこれお肌の外側からつけるよりも お肌の内側からのケアがおすすめです。

 

シミの飲み薬なら 美白効果が認められた薬効成分を配合。

 

しかも製薬会社が作っているので、サプリメントよりも効く、安心感が違うと口コミでも大評判。

 

シミに悩む皆さんが飲んでみて納得できた飲み薬だけをランキングでご紹介しています。

 

顔のシミ消しには効果的な飲み薬でケアしましょう。

 

 

 

シミに効く飲み薬ランキング

 

ロスミンローヤル 今なら期間限定 1,900円
シミに効く飲み薬 ロスミンローヤルは シミやそばかすへの効果だけでなく、シワへの効果も認められたお薬。

 

だからトータルでのお肌のアンチエイジングのためにもお役立ちの とっても頼もしいお薬です。

 

皮膚科でのシミ内服薬にも使われるビタミンC配合、女性の体に優しい生薬も各種配合なので 体により負担になりにくくシミケアができるお薬としても人気です。

 

今なら 期間限定で なんと 75パーセント引きの 1,900円(税別)

 

定期購入を利用しなくても 初回は1,900円で購入できるので便利!

 

ぜひこの機会に試してみてくださいね!

 

ロスミンローヤルについての詳細は >>コチラの特集 もご参照下さい。

 

 

 

本当に薄くなってきました

 

シミ、本当に薄くなってきました。日に日にシミが消えてゆくと思うと嬉しいです。お薬の粒も飲みやすいです。(40代)


 

シミに効く飲み薬

 

 

値段 内容量 みんなの評価
1,900円(税別) 期間限定 大幅割引中! 30日分 シミに効く,飲み薬

 

 

 

ホワイピュア
ホワイピュア ホワイピュアは ビタミンCが1,000mg、L-システインも240mgと、美白有効成分が圧倒的に多く配合されているシミの飲み薬。

 

特にくすみなどへの効果が実感のしやすさで いま人気急上昇中

 

多岐川裕美・華子親子も注目、是非チェックしておきたいシミの飲み薬の一つです。

 

一日2回だけ飲むタイプなので、多忙な方や飲み忘れしやすい方にも特におすすめです。

 

ホワイピュアについては >>コチラの特集 もご参照ください。

 

 

肌ぐすみ・長年のシミにも期待

 

続けやすいシミのお薬、ということでホワイピュアを飲み始めました。

 

飲み始めて2週間ですが 肌ぐすみにさっそく効果が実感できています。長年のシミにも期待しています。(40代)


 

シミに効く飲み薬

 

 

値段 内容量 みんなの評価
3,880円(税別) 30日分 シミに効く,飲み薬

 

 

キミエホワイトプラス
テレビCMでおなじみの美白のお薬といえばキミエホワイト。

 

そのキミエホワイトが リニューアル、シミだけでなく ニキビや吹き出物などの肌荒れから二日酔い対策にまで効果が認められています。

 

パワーアップしたキミエホワイトプラス、今なら初回限定価格でお得に始められます

 

キミエホワイトプラスについては >>>コチラの特集 もご参照ください。

 

 

テレビで気になって

 

テレビCMでちょっと気になっていたので。 飲んで3週間目ですが、うーん??これから期待をしたいです。(40代)


 

シミに効く飲み薬

 

 

値段 内容量 みんなの評価
1,900円(税別) 31日分 シミに効く,飲み薬

 

 

シミには飲み薬が効く!

 

シミができると とても気になりますし、老けた印象を周囲に与えてしまいがちですね。

 

シミに効くケア方法としては 美白コスメでお肌の外側からの美白成分をつけるという方法もありますが、飲み薬でお肌の内側からケアするのが効果的

 

シミのケアには お肌にとどまっているメラニン色素を排出する必要があります。

 

シミに効く飲み薬なら、お肌の内側からシミに働きかけてくれますので より効果的なケアができるのです。

 

実際に 皮膚科クリニックのシミ治療でも、飲み薬が処方されることも多く、いかにお肌の内側からのケアが重要かがわかりますよね。

 

 

シミに効く飲み薬

 

 

その飲み薬、美白成分が配合されており、シミへの効果も国から認められているものばかりです。

 

しかも、市販のシミのお薬も増えており、通院しなくても手軽に購入ができる点でも人気になっています。

 

シミ用の飲み薬は 副作用の心配もほとんどない第三類医薬品。

 

できているシミのケアだけでなく予防のために数か月続けても 体に負担になりにくく、より安心できます。

 

あなたも飲み薬で効果的なシミのケアを目指してみませんか?

 

 

シミに効く飲み薬の働き

 

市販のシミに効く飲み薬には、美白成分ビタミンCと、アミノ酸の一種L−システインが配合されています。

 

ビタミンCには お肌にできてしまったメラニン色素を還元させたり メラニン色素ができるのを防ぐ働きがあります。

 

そして、L−システインを一緒に働くことで お肌の代謝、すなわちターンオーバーの正常化をサポートする働きがあります。

 

このターンオーバーは お肌が新しい皮膚と入れ替わるサイクル。

 

お肌にできてしまったメラニン色素などは このターンオーバーのサイクルにあわせて 古い皮膚と一緒に表皮まで押し出され、剥がれ落ちてゆきます。

 

シミに効く,飲み薬

 

ですが、シミが気になるお肌は このターンオーバー周期が乱れており、そのためメラニン色素がの残ったままになるのです。

 

ですので 飲み薬で メラニン色素を押し出すのをしっかりサポートしましょう。

 

 

 

シミに効くのはサプリではなく飲み薬

 

シミに効く,飲み薬

 

シミをお肌の内側からケアする方法としては、お薬の他にもサプリメントを使うという方法もあります。

 

お薬とサプリメントは同じものでしょうか?

 

シミの飲み薬は、美白効果国から認められたものだけが発売されています。

 

ですが サプリメントの場合、そのように効果が認められたものではありません。

 

ですので サプリは 飲み続けてお肌のシミやくすみ対策に効果があると言えるのは飲み薬、ということになります。

 

飲み続けることで しっかりとお肌のシミやくすみの対策をしたい、という方には 飲み薬のほうが効果的です。

 

せっかく続けるのでしたら、医薬品として販売されているものを選ぶことをおすすめします。

 

詳しくは 当サイト内 シミとサプリ をご参照ください。

 

 

シミに効く飲み薬と美白化粧品

 

シミへの効果が認められている効く飲み薬は お肌の内側から 美白成分を届けてくれるケア方法。

 

シミには 他にも お肌の外側から化粧水やクリームなどで美白成分を与えるという方法もあります。

 

この外側からのケアですが、こちらも有効なケア方法です。

 

ですが、美白化粧品に配合されてる美白成分には 作用が強く お肌に刺激になりやすいものもあります。

 

また、せっかく美白効果のある成分が配合されていても、お肌の奥まで浸透しにくく、なかなか効果が実感できにくいというものもあります。

 

ですので、お肌には外側からだけのケアでは 十分なケアがしにくいことがある、と言えます。

 

まずは飲み薬を使ったケアをしてみましょう。

 

その上で 補足的に美白化粧品を使うというようにするのがおすすめです。

 

 

シミに効く飲み薬の選び方

 

シミに効く飲み薬はどう選ぶべきでしょうか?

 

3つのポイントをご紹介します。

 

 

シミに効く飲み薬の成分で選ぶ

 

シミに効く,飲み薬

 

市販されているシミ対策用の飲み薬は メーカーによって配合されている美白成分の種類や量などが異なります。

 

人気のあるシミの飲み薬は ビタミンC L-システインの両方が配合されているものが多くなっています。

 

この配合量や配合バランスなどで 効果の実感の仕方に差がでてくると考えらえます。

 

ですので、まずは この2大成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

 

 

メーカーによっては この他の成分も配合しているものもあります。 例えばロスミンローヤルは血流をサポートする生薬なども配合されています。

 

美白成分などは 体の中で血液にのって お肌まで運ばれます。

 

ですので生薬配合ということで より効果が期待できるというわけです。

 

どのような成分が どのくらい配合されているのかをチェックして選びましょう。

 

 

ビタミンCについては コチラ

 

L−システインについては コチラ をご参照ください。

 

 

シミに効く飲み薬の価格で選ぶ

 

シミに効く,飲み薬

 

シミに効く飲み薬は、手軽な価格であるに越したことがありませんよね。

 

人気のお薬には 初回購入時に かなり割引になるものがあります。

 

例えば 人気のロスミンローヤルは 定価は 7,600円ですが、初回購入時にはなんと1,900円(税抜)となります。

 

ですので、お薬ってどんな感じ?という感じに手軽にはじめられます

 

また、シミの飲み薬が気に入って 数か月続ける場合も お安くなれば続けやすくなりますね。

 

こちらもメーカーによっては リピート時や まとめ買いをすることで割引となるものもあります。

 

上手に活用して お得にシミのケアをしてゆきましょう。

 

 

シミに効く飲み薬の飲みやすさで選ぶ

 

シミに効く,飲み薬

 

シミ対策の飲み薬は 基本的に錠剤のものがほとんど。

 

ですが、原料をそのまま固めた錠剤もあれば、糖衣錠になっているものもあります。

 

固めただけの錠剤ですと 喉にひっかかったり はりついてしまうということがあります。

 

糖衣錠のほうが 喉通りがよいだけでなく、原料の味やにおいがしにくいという点でおすすめです。

 

また、一度に何錠飲むのか、一日何回飲むのかも メーカーによって異なります。

 

一度に飲む量が少ないほうが良い、などこだわりがある方は 用量などを良くチェックして選びましょう。

 

 

シミに効く薬でおすすめのロスミン・ローヤル

 

ロスミンローヤルは いま話題のしみに効くお薬。

 

しみそばかすに効果のあるお薬はほかにもたくさんありますが、ロスミンローヤルは小じわにも効果が認められたお薬

 

ですので しみと小じわ、その両方のケアができるということは しみ対策をしながらお肌のアンチエイジングも期待できるってことですね。お得な感じがします!

 

 

 

さて、実際にロスミンローヤルを試してみました♪

 

こんな感じです。

 

 

 

シミに効く飲み薬

 

 

 

お箱が上品なピンクで気持ちが上がります。

 

瓶の形は レトロなお薬感があるかも?

 

これも れっきとしたお薬なので当たり前なのですけどね。

 

あ、ロスミンローヤルは もともとは薬品会社の創始者でもある薬剤師さんが40年ほど前に奥様のために処方したお薬が原点。長い間身内や知人向けだけに作られいた、長い歴史のあるお薬なのだとか!

 

粒も大きすぎず、糖衣錠なので するっと飲みやすいです。

 

 

シミに効く飲み薬

 

 

 

サプリだと のどにつっかかったり、変な味がしたりということが多いのですが、ロスミンローヤルは大丈夫です。

 

飲む時にストレスフリーでないと続けるのが大変だったりしますから。これ重要ですよね。

 

というわけで飲み始めています。

 

1ヶ月で一瓶飲みきったところですが、お肌のくすみがぱっと取れてきた感があります。そしてお肌にハリ感も。

 

シワ効果もあるお薬ということですので これはうれしいダブル効果です(^^)

 

気になるシミのほうですが、さすがに1ヶ月では大きな変化はありません。お肌のターンオーバーを繰り返しながらさらなる効果を期待したいところです。

 

 

実はしみのサプリは以前飲んだことありますが、「お薬」として販売されているものを飲むのは初めて。

 

1ヶ月ほど続けてみた率直な感想ですが、お薬ということで副作用とかが心配でしたが私はそういったものは特にありませんでした。

 

以前ビタミンCが主体のサプリを飲んでいたら胃が荒れて しかも生理が遅れたということがあったのですが、それも大丈夫でしたので さすがお薬は違うんだなー、と改めて良さを実感しているところです。

 

しみのお薬は 数ヶ月続けて効果が実感できるものなので、やはり安心して飲み続けることができるのであることが大前提ですよね。

 

そういう意味でもロスミンローヤルをおすすめします。

 

詳細は 当サイト内 しみに効く飲み薬ロスミンローヤル をご参照ください。

 

 

シミに効く飲み薬 質問箱

 

シミに効く,飲み薬

 

シミに効く飲み薬、どれくらい使うべき?副作用の心配は?

 

そんな皆さんの疑問にお答えしています。

 

 

シミの飲み薬、効き目を実感できるまでの期間は?

 

シミに効くのみ薬

 

シミ対策に飲み薬を活用しはじめてから、効果が実感できるまでの期間はどれくらいでしょうか?

 

お肌には 新しい皮膚ができるターンオーバーというサイクルがあります。

 

シミのメラニン色素などは うまく排出されると このターンオーバーのサイクルにあわせて 古い皮膚と一緒に剥がれ落ちてゆきます。

 

これを数回繰り返すことで お肌のシミが気にならなくなってゆくのです。

 

ターンオーバーの期間は 個人差はありますが、約4週間と言われています。

 

ですので、1ヶ月〜2ヶ月ほど続けてみて はじめて効き目が実感できてくるというかたちになります。

 

お薬を飲み始めてから ターンオーバーを繰り返してゆく度に シミへ効果が実感しやすくなってゆきます。

 

ロスミンローヤルなどの人気のシミの飲み薬は だいたい3〜4ヶ月ほど続けて かなり効果が実感できるという方が多いようです。

 

思ったよりも気長なケアかもしれませんが、シミのお薬でのケアは お肌全体の透明感アップも狙えますのでその価値はあると思いますよ。

 

 

シミに効く飲み薬、副作用の危険は?

 

シミに効く,飲み薬

 

シミには飲み薬が効果的ですが、飲み薬ということで副作用の心配をする方もいるでしょう。

 

結論から言いますと、シミの飲み薬は副作用の危険性が極めて低いと言えます。

 

シミ治療用のお薬のほとんどが 第3類医薬品のお薬になります。

 

お薬は 副作用の危険性が高い順で第1類、第2類、第3類の順にカテゴリー分けされています。

 

シミに効く飲み薬は、この中で一番下の第3類ですので重篤な副作用の可能性が低いのです。

 

とは言ってもお薬ですので、決められた用量を守って飲むことが大事です。

 

自己判断で勝手に量を増やしたりすることのないようにしましょう。

 

 

シミに効果のある飲み薬は 若いうちから使っても良い?

 

シミに効く,飲み薬

 

シミに効く飲み薬は 出来てしまったシミだけでなく シミの予防にも効果があります。

 

ですので20代などの若い世代の方も シミや お肌のターンオーバー停滞からくる様々なお肌のトラブル予防のためにも 飲み薬を活用するこをとおすすめします。

 

シミは出来てしまうと ケアをするのに時間がかかりますし、とても気になるものです。

 

市販のしみ用の飲み薬は 体に負担になりにくい第三類医薬品ですので 体にもより安心です。

 

若いうちからシミのお薬で予防して、透明感のあるお肌のキープを目指しましょう。

 

詳しくは当サイト内 20代からのシミ対策 もご参照ください。

 

 

シミに効く飲み薬は男性も使っていい?

 

シミに効く,飲み薬

 

女性だけでなく 男性もシミのケアを心がけたいという方が増えています。

 

市販のシミに効く飲み薬は男性も使えます。

 

用法や 効果が実感できるまでのおおよその期間なども女性とほぼ同じです。

 

お肌にクリームなどの美白化粧品などをつけるよりも、男性にとっては飲み薬のほうが扱いやすい点がメリットでしょう。

 

シミの飲み薬の主な成分に 女性ホルモンや男性ホルモンに大きな影響を与えるものは入っておりませんので 安心しましょう。

 

男性はメイクなどでUVカットアイテムを重ね付けするという機会が少ないですね。

 

ですので 日焼け止めをしっかり塗るなどして シミを作らないようにすることも重要です。

 

飲み薬でシミのケアをしながら 予防も心がけましょう。

 

詳しくは当サイト内 男の顔のシミに効く飲み薬 もご参照ください。

 

 

妊娠中に シミの飲み薬を飲んでもいい?

 

シミに効く,飲み薬

 

シミに効く飲み薬の 主成分は ビタミンCと アミノ酸の一種であるL-システイン。

 

そして シミの飲み薬の中には 、妊娠・授乳中の栄養補給への効果が認められているものも多くなっています。

 

このような表記のある飲み薬なら 安心できますね。

 

ですが、実際には 妊娠中や産後は 今までと生活スタイルなどが変わることが多く そのため何かとデリケートになる時期ででもあります。

 

つわりがひどくて 食事があまり取れない、というような時は シミのお薬は控えるようにしましょう。

 

また、飲んでみて 気が付いたことがあれば すぐに服用を中断してかかりつけのお医者様に相談するようにしましょう。

 

詳しくは当サイト内 シミに効く飲み薬は妊娠中や授乳中も飲んでいい? をご参照ください。

 

 

シミの飲み薬は肝斑にも効く?

 

シミに効く,飲み薬

 

更年期や妊娠中の女性にできやすい肝斑は 紫外線の影響で出来るシミとは違い、ホルモンバランスの影響でできると言われています。

 

そのため 一般的なシミの飲み薬とは違い、トラネキサム酸という成分が主体の肝斑用の飲み薬のほうが効果的です。

 

ここで気を付けたいのは 肝斑が出ているお肌は シミも同時に出ていることが多い、ということです。

 

肝斑のケアだけしてたら シミがぐっと目立ってきた、ということにもなりかねません。

 

ですので よくお肌をチェックして シミと肝斑が混在しているようでしたら、肝斑の飲み薬と 美白ケア用のクリームなどを使う、というようなケアをしてゆくのがおすすめです。

 

詳しくは当サイト内 シミと肝斑 をご参照ください。

 

 

シミに効く飲み薬は二日酔い対策にも使えるの?

 

シミに効く,飲み薬

 

シミに効く飲み薬に配合されているL-システインには、 アルコールが体内に入ることでできる毒性の強いアセトアルデヒドの分解をサポートする働きがあります。

 

アセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、それをL-システインが助けてくれるので 取り入れることで二日酔い対策になるのです。

 

ですので、シミのお薬の中には 二日酔いへの効能が明記されたものもありますが、L-システインが配合されたシミの飲み薬でしたら いずれも二日酔い対策にも使えると考えてよいでしょう。

 

詳しくは当サイト内 シミに効果のある成分・L-システイン をご参照ください。

 

シミ対策もしたいけれども、たまにお酒が次の日まで残ることがある・・・という方は このL-システインの量でシミに効く飲み薬を選ぶという方法もありますね。

 

とは言っても お酒はほどほどに楽しむことをおすすめします。

 

 

シミには予防も効果的

 

できてしまったシミには飲み薬でケアすることが大事です。

 

そして、これから 新たにシミをつくらないためにも予防をしてゆくこともシミケアには効果的です。

 

 

紫外線にお肌をさらさないようにする

 

シミに効く,飲み薬

 

シミはお肌に紫外線があたることで メラニン色素ができてしまうことが主な原因です。

 

ですので、まずは紫外線をお肌にさらさないようにすることが第一。

 

これには さまざまな方法がありますが、日焼け止めや日傘などを活用するのがおすすめです。

 

普段から日焼け止めを使っているけれども シミやくすみが気になる、という方は 使う量が少なかったり、塗りむらができている可能性があります。

 

また、日焼け止めは 汗などで落ちてしまいますので 数時間おきに付け直したいもの。

 

UVカット機能のあるファンデーションなどを活用して こまめにメイク直しをするなど工夫しましょう。

 

日焼け止めについては当サイト内 シミの予防に日焼け止め もご参照ください。

 

また、日傘や帽子といった古典的な紫外線対策アイテムも どんどん活用したいものです。

 

オフの日に日焼け止めをつけない状態で庭に出たり、ゴミ捨てに行くという時などにも役立ちます。

 

 

室内での日焼けにご用心

 

シミに効く,飲み薬

 

屋内で過ごすことが多いのに シミができやすい、という方は 日当たりの良いお部屋で過ごす時間が長かったりしませんか?

 

紫外線は通常の窓ガラスを通過して室内まで入ってきます。

 

ですので、室内だからと安心せずに 日焼け止めをつけるなど最低限の対策をしておきましょう。

 

窓ガラスですが、最近では紫外線をカットする加工がされたものが増えています。

 

ですが いきなりガラス交換というのは難しいものがありますよね。

 

UVカット機能のあるレースのカーテンや 紫外線カットフィルムを貼るなどして対策しましょう。

 

 

間違えたスキンケアがシミを増やす?

 

シミに効く,飲み薬

 

お肌のために 毎日しているスキンケアも、間違えた方法だとシミを増やしてしまうことがあります。

 

例えば お肌のために!と洗顔料をこすりつけるように使ったり、タオルで顔をゴシゴシ拭いたりしていませんか?

 

また、化粧水をコットンなどを使ってこするようにつけていませんか?

 

これらは お肌にとって摩擦という刺激になります。

 

そして刺激を受ける箇所にはメラニン色素ができやすく、そのためシミができる原因となるのです。

 

ですので 洗顔の際には 洗顔料をしっかり泡立ててから使う、タオルはやさしくお肌にのせる、化粧水は手のひらでやさしくなじませるなどの工夫が必要です。

 

詳しくは当サイト内 シミに効くスキンケア をご参照ください。

 

また、以外な刺激として メイクの際にブラシをよく使う方は、毛先がお肌に刺激となり シミができやすくなることがあります。

 

お肌全体にブラシでお粉を付ける方や チークだけブラシを使うという方などは メイクアップの方法も一度見直してみることをおすすめします。